金持ち兄さん、貧乏兄さん

不動産投資を中心に資産を築く、金持ち兄さんのサクセスストーリー。

カテゴリー: 未分類

期待通りにはいかない

魅惑的な不動産投資も、

期待通りにいかないことがあります。

その理由は、

多くの物件をチェックすることなしに、

適当に決めて購入契約をしてしまうからだと考えます。

家賃が収入源となるような不動産投資においては、

投資先としての物件の収益性を吟味する際に、

利回りという数字に目をやるというのが一般的ですが、

表面利回りというのは、

年間で想定される家賃収入を投資金額で割って得られるものです。

収益物件は、

普通家賃という収益を齎す物件ということになりますが、

収益物件にはそれとは別に、

購入時より高く売って利益を与えてくれる

といった投資物件もあります。

いわゆる、キャピタルゲイン狙いの不動産投資です。

投資の右も左もわからない人に役立つ不動産投資セミナーは、

区分マンションでの資産形成とか

アパート経営の実情などに焦点をあてており、

セミナーの中身が明確化されているということで、

今はどのセミナーも満席状態です。

不動産投資を始めるにあたって、

たいていの人が利用している資料請求について言いますと、

請求を受ける会社もさほど有望な客である

と考えることはありませんので、

躊躇うことなく請求しても構いません。

不動産投資をするにあたっては、

好ましい物件との出会いは言わずもがな、

できる営業スタッフと親しくすることがかなり大切なのです。

資料請求も格好の営業マンを探すための一つの手段です。

初心者が手を出していいのは、

為替リスクもある海外不動産投資ではないでしょう。

国内で不動産を所有して、その賃料みたいな形での利益を狙う、

正統派の不動産投資だけでしょう。

不動産投資と言うと難しそうですが、

たくさんの投資分野と見比べてみても、

特に引き付ける力があることが認識できます。

多くの成功例などの情報が広がり、

投資を始めたばかりの人でも

不動産投資に挑戦する人が増えているのでしょう。

資金の運用のために収益物件を購入するといった際に、

その時点で住んでいる人がいる物件

を発見するようなこともあるでしょう。

これはオーナーチェンジ物件と言われ、

取得後即座に賃貸料が入るというものなのです。

不動産の賃貸経営にからむ主だった空室対策は、

入居条件の緩和、

部屋のインテリアのイメチェンを図るリノベーション、

且つ、トイレなどの設備のクオリティーアップ化

などが想定されます。

この頃では、マンションやアパートに投資して

賃貸料を稼ぐ不動産投資は、

株取引以上に定評のある投資として人気を集めていますが、

そんな時代背景を反映して、

不動産投資セミナーが方々で開かれているようです。

一括借り上げのデメリットとして押さえておくべきは、

数年ごとの更新のタイミングで家賃が低く抑えられる可能性が高いことと、

いつまでもサブリースを利用したいなら、

費用がかかるのをいとわず

メンテナンス工事を受ける必要があるということだと聞いています。

マンションおよびアパートなどの収益物件を選択する際に見逃せないのは、

いつごろ建てられたものかということです。

新築された年代を確認して、

1981年から始まった新耐震基準に適合する物件に絞る方がいいと思います。

残念なことではありますが、

今は無事な人もいつ病に臥すことになるか不安なものです。

そうなる前にマンション投資に取り組んでおけば、

それなりに稼ぎになるように思います。

マンション投資に自己資金はあまりいらないとは言っても、

長期的に価値を保っていくつもりであるなら、

堅実に手入れをするようにしなければなりません。

当然、大手業者のマンションは、

少し前のものであっても大丈夫ということです。

昨今の不動産投資事情

マンション経営で、節税効果や利回りばかりを気にする人がいますが、

損か得かといった部分にこだわっていては、


予期せずやらかしてしまう可能性もあると思ってください。

売却益を狙ったキャピタルゲイン目的で不動産投資をする人もいます。

不動産売却を成功させるためには、


とにかく良い不動産仲介業者を見つけることがポイントです。


最近では、一括査定サービスなるものが出てきて、


非常に効率良く質の高い業者を選べるようになりました。

最新のランキングは下記サイトを参照してください。

【最新ランキング!】 不動産売却を成功させる一括査定サービス

一方で、こうしたバブル時代のような売買差益を手にする為の投資じゃなく、

真面目に賃貸料収入を追い求める投資家もいます。

不動産投資と聞くと難しいと感じる人もいるかもしれませんが、

賃貸経営は、物件の見極めさえ間違うようなことがなければ、

末長く稼ぎ続けることも不可能ではありません。

いろいろある投資スタイルの中でも、やりがいがあるし、

そこまでハイリスクハイリターンではないです。

どちらかと言うと、ミドルリスクミドルリターンで、

かなりリスクの少ない投資だと思います。


このようなことが広まって、

若い不動産投資家増えているのかもしれません。

収益物件を値踏みする場合は、

利回りがよいかどうかを考える必要がありますが、

同時に入居希望者の視点を持つことも大切です。


結局のところ、自然な感覚を重視すべきなのです。

海外不動産投資に関しては、キャピタルゲイン目的の方も多いですが、

現実には賃料などで生じる利益を目的とした不動産投資だって見受けられます。

手持ちの資金を運用しようと収益物件を買うということで探していると、

最初っから賃借人がいる物件に出会うかも知れません。


これはオーナーチェンジ物件と呼ばれ、入

手すればすぐさま家賃が入ってきます。

大概の業務は不動産会社がやってくれるため、

本業のある忙しい不動産投資の所有者が実施すべきことは、


いつでもローンが組めるように、

無駄な借入をするようなことはせず、

本業に没頭することです。

マンション経営を始める時には、

さじを投げる場合のことも見越しておく必要があります。

目論見が外れることがあるとしても、なお資金的に心配がないのであれば、

物件を購入してみても良いと思います。

マンション経営は一般市民には不可能だと想定されがちですが、

アパート経営を行なうのとは違って、


棟全部を収益物件と捉えて投資することはあまりなく、


1部屋を投資対象とする不動産投資だと言えるでしょう。

不動産投資の何が魅力的なのかをひとつあげるとなると、

良い意味で何より無難な投資であろうということです。

不動産投資とは家賃収入にて利益を得るという単純なものなのです。

不動産投資セミナーってどうなの?

不動産投資専門の業者が運営する不動産投資セミナー。

都内ではこういうセミナーが多数開催されており、

たいがいのものが無料で話を聞くことができます。

各会場とも受講者が多く、不動産投資の人気が窺えます。

道理を考えれば、

古今東西人というものはいつ病に臥すことになってもおかしくありません。

そんなことにならないうちにマンション投資に邁進すれば、

何がしかバックアップになるはずです。

マンション投資に自己資金はあまりいらないとは言っても、

いつまでも価値を守りたければ、

堅実に設備更新等を行うのが大事ではないでしょうか。

無論、大手ディベロッパーのものは、

築年数が長いものでも大した心配はいらないでしょう。

不動産投資に関しては、早期に始める方がメリットがあるということです。

なぜなら、ほかの人以上に資料請求をして、

いくつもの物件を検討することにより、

不動産を見る目が養われるからということです。

1部屋からのスタートでよく、

楽に始められるマンション投資は、

さまざまな年代で好感度が高いみたいです。

特に若い層では、

定年後の生活の足しにしようというような熟慮をもって、

マンションに投資する方も目に付きます。

賃貸経営での懸案事項である空室対策は、

業者側の人と大家が話し合いをしますが、

工事費用を払わなければならないとしてもリフォームが空室対策になるはずです。

不動産投資を検討しようと資料請求をしたが最後、

「とめどなく営業をかけられる」

といった考えをもっている人もいるかも知れません。

現実には資料請求をしてきたぐらいのことでは、

先方の営業も売り込みをかける対象として扱うことはないはずです。

賃貸経営についてのメインの空室対策には、

入居条件の変更、

部屋の中の雰囲気ががらっと変わるリノベーション、

加えて設備の充実化などがあるでしょう。

マンション経営をしていて最上なのは、

その部屋の入居者の人が購入を申し出てくることだと言っていいでしょう。

そういうわけですから、

細部まで管理をやっているマンションを買うのが一番です。

サブリース(一括借り上げ)においては、契約を取り交わす時点で、

家主に一定額の家賃が支払われる期間が必ず定められています。

契約期間につきましては2年というのが通例で、

家賃に関してはその時に変更できると決まっています。

マンション経営では、

老朽化した部分を新しくするリフォーム、

といったものもマンションへの投資の一部と見なすことになるわけです。

なぜそういう見方をするのかと言うと、

うまくリフォームすれば、

当然家賃を下げずにキープすることができるかも知れないからなのです。

マンション経営の重大要素として、

年間収益を投資額で除して出てくる利回りがよく用いられるのですが、

都市部にある物件と地方にある物件とを、

利回りの一点で比較することは無理があると言えます。

需要が先細りの地方においては、空室ができるリスクが高くて、

順調なマンション経営は不可能に近いということです。

大変人気が高い不動産投資セミナーなのですけど、

多くのものはちゃんとしていると思います。

とは言え、、、

高い値の商材の販売をもちかけてくるものもないわけではないので、

素人さんは引っ掛からないように注意してください。

円滑なマンション経営をするうえで重要な点は、

外部的には交通の利便性などが良いこと、

内部的には人気のある設備が備わっていることだと言って間違いありません。

内的・外的の条件が整っていれば、

ちっとも空室が埋まらないというリスクは減るのです。

「一括借り上げ」契約締結後に問題が発生するのは、

「一括借り上げ」契約が事業者と事業者が交わした契約であるわけですから、

マンション等の大家は消費者として守られないということと、

宅地建物取引業法第35条の売買ではないので、重要事項説明をする必要がない、

ということが関係していると言わざるを得ません。

夢のマイホーム、夢の跡。。

前回に引き続き、地方や郊外にまつわる話。

今回は会社の同僚のお義父さんの話です。

30年前-。

多くの人々のマイホームへの夢は、

郊外の広い庭付き一戸建て

でした。

環境の良いベットタウンが人気の時代です。

多少、交通の便は悪くても、

広い庭付きの一戸建てが人々の人気を呼びました。

片道1時間を超える通勤時間もいとわず、

郊外の広い一戸建てに引越し。

さんもそんな一人でした。

さんの年収で購入できる住宅となると東京から電車で1時間、

更に駅からバスで20分という立地。

それでも環境は抜群で、家庭菜園や子供の遊具を置くのに、

充分過ぎるほど広い庭と、

日当たりの良い明るい住宅に、

子供達も家族も大喜びだったそうです。

買い物の便が悪い事や子供たちの通学にも多少の不便があったそうですが、

それでも幸せな日々が続くと思われました。

そんなAさんも70歳を超える年齢に達しました。

子供たちは既に独立しましたが、

交通の便の悪さは身に染みて辛く感ずる日々。

病院への通院も増えました。

しかし車を既に廃車したAさんは、タクシーで遠い病院へ通院。

足腰が弱り自転車での買い物も出来なくなりました。

家を売って施設に入所するにも、売却価格は300万円程度。

買値の10分の1。。。

土地値の暴落が大きな原因です。

この先、地方や郊外のエリアは、間違いなく空洞化していきます。

マイホームを買うにしても、不動産投資するにしても、

エリアをしっかり見極めないと、売るに売れない状況になります。

ご購入は計画的に、です(笑)

さようなら、地方投資

地方物件の利回りがめちゃくちゃ低いです(泣泣)

これまでずーっと、、愚直に地方の一棟モノに投資してきましたが、

さすがに利回りが低すぎて、戦略変更しようかと思っています。

ご存知のように日本の人口は減少傾向にあり、

将来的には都心回帰が一層進む、と言われています。

これについては、全く同感で、移民等を受け入れない限りは、

ほぼこの予想通りの結果となると思います。

つまり、地方物件への投資って、、めちゃめちゃリスクがあるんです!

なのに、なのに、、ですよ、利回りが低いってどういうこと?

リスクとのバーターで利回りが高いはずの地方物件、

利回りが低いって、、どういうことじゃーっ(怒)!!

って思う、、いや、怒っているわけです。

一般的に、地方への一棟モノの投資は比較的規模を拡大しやすいです。

なぜかというと、土地が広く積算評価が高いため、

銀行の融資がつきやすいからです。

この手法は、もう十何年も前からある、投資手法の一つで、

実際、僕もこの手法で資産を拡大してきました。

そういう意味では、

ありがとう!!

なのですが、同時に、、

さようなら!!

と言わなければならないかもしれません。

もう、そういう時代じゃない、、と。

やはり、これからは、首都圏狙いですかね。

 

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén